筋トレするなら卵(たまご)を食べよう!健康的な筋肉美と卵(たまご)の関係|たまごの全てがわかる。たまごペディア

「たまごの全てがわかります!」たまごペディア

筋トレするなら卵(たまご)を食べよう!健康的な筋肉美と卵(たまご)の関係

カテゴリ:たまごの栄養のはなし

筋トレ女子、急増中!

近年、トレーニングによって理想の体型を目指す「筋トレ女子」が増えていますね。
ダイエットの指標が「何キロ減った」という体重の増減だけの場合、極端に言えば食事を抜いたりすることで体重は減少しますが、それでは理想の肉体美を手に入れることはできません。
ジムに通ったり、自宅で様々な筋トレ方法を試したり、この記事を読んでいる皆さんの中にも綺麗に割れた腹筋を目指してトレーニングを重ねている方がいるのではないでしょうか?

また、数々の有名人女性が自身の筋トレの様子をインスタにアップする時代、まだ始めていないあなたも今日から「筋トレ女子」に仲間入りしてみませんか?

画像

そして筋トレの効果を最大にするには、食事も重要であることを忘れてはいけません。今回は「たまご」が筋トレの強い味方であることをご紹介したいと思います!

トレーニング後、すぐ「水分」と「塩分」!
45分以内に「たんぱく質」を摂取!

トレーニングをした後は、体内の水分や塩分のバランスが崩れるため、まず「水分」と「塩分」を補給することを意識しましょう。そして積極的に「たんぱく質」を摂取することで、顔・カラダのハリを失うことなく筋肉量を増やすことに繋がります。

体内のアミノ酸がタンパク質へ変わり筋肉を形成する作用(タンパク質同化)は運動後、45分以内がピークと言われています。この「タンパク同化作用」が高い状態の時にタンパク質を摂取すれば、より筋肉を形成しやすいということになります。

画像

つまり、筋力を大きくアップさせるためには運動後45分以内に栄養バランスのとれた食事や良質なタンパク質を摂取することが重要なのです。

"筋トレ×ゆでたまご"で理想のボディラインへ!

トレーニングの後にプロテインバーなどの"高たんぱく質"食品や、スポーツ飲料を飲む方が多いと思いますが、不要な糖分が含まれている商品も多く、摂りすぎはNGです。そこでお勧めなのが低糖質かつ高たんぱくである"ゆでたまご"です。
ゆでたまごは、近年コレステロール値への影響が少ないことが分かったため、1日1個以上食べてもOK。トレーニングの後に手軽に食べられる筋トレに最適な食品なのです。

画像
★あのなでしこの選手たちも!★
女子サッカーなでしこリーグ1部の日テレ・ベレーザの選手の皆さまの、日々のトレーニング後の食事の中で
効果的な栄養補給の一環として
「味付たまご」を食べていただいております!
詳しくはこちら→

デスクワーク中にできる!座りながらトレーニング!をご紹介

忙しくてジムに行けない方は必見!長時間デスクに座ったままの状態でもできる、簡単なトレーニング・ストレッチ方法をご紹介します。

下腹部の引き締めに効果的!
呼吸法で体幹トレーニング

(1)猫背にならないよう背筋を伸ばします。その姿勢を保ち、お腹を膨らませながら息を吸います。

(2)お腹と背中がくっつくようなイメージで息を吐きながら、20秒ほどその体勢をキープ。お腹をへこますことで自然と腹筋を鍛えることが出来ます。

1日2~3セット行うのがおすすめ。最初は1セットから始めて、徐々に回数を増やしていきましょう。

画像

【効果】
下腹の引き締めだけではなく、猫背などの姿勢も改善されるので、筋トレ前の準備体操としても効果的です。

お腹周りに効果的!
足伸ばしストレッチ!

(1)椅子に浅く腰掛け、座っている状態から両足を前方へ伸ばし床から上げます。

(2)出来るところまで両足を上げたら、その状態で3秒程度キープ。

(3)その後ゆっくりと元の位置に両足を戻していき、その動作を15回程度繰り返します。

1日2~3セットを行います。はじめは少ない回数から始め徐々に回数やキープ時間を増やしていきましょう。

画像

【効果】
腹筋の主を占める腹直筋や足の動作に大切な腸腰筋を鍛えることが出来るので、気になるお腹周りを鍛えることが出来ます。

デスクワーク中に
ストレッチ!
ピーナッツ型ボール

椅子に挟むだけで簡単ストレッチができるピーナッツ型タイプのストレッチボールが人気です。ピーナッツ型タイプは首や腰などを広めに刺激することができます。手軽に持ち運べるので職場でも安心して使えます。

やり方は、市販のストレッチボールを椅子の間、足下などに挟むだけ

画像

長時間おなじ姿勢で固くなった首・腰の筋肉の凝りをツインボールがほぐします。 筋トレ前のストレッチ、足裏マッサージでリラクゼーションにも効果的です。

まずはコンビニゆでたまごを間食に!

デスクワーク中にお腹が空いたと感じたときは、豊富なビタミンを含んだ"ゆでたまご"を食べてはいかが?

"ゆでたまご"を含む栄養バランスを意識した食事を習慣づけることで、理想の筋肉美をもつ燃焼系のカラダを目指しましょう!

画像

まとめ

"ゆでたまご"をトレーニング後に
食べると良い理由
高たんぱく
一般的にコンビニなどで販売されているプロテインバー1本あたりのたんぱく質(約10g前後)を、ゆでたまご2個(1個あたり約6~7g)で上回ります。
塩分補給として最適
コンビニなどで販売されている"ゆでたまご"は塩味がつけられており、トレーニング後の塩分補給としても最適です。
低糖質
一般的にプロテインバー1本あたりの糖質は、約5g前後ですが、それと比較して"ゆでたまご"は、1個あたり0.1〜0.2gと低糖質です。
豊富な栄養素
栄養バランスがよく、エネルギー代謝に必要なビタミンB群や、不足しがちな鉄分、肌のターンオーバーを促すビタミンA、それ以外にもビタミンD・E、亜鉛、葉酸など様々な栄養成分が豊富に含まれています。
味付たまご
コンビニで買える! 
丸金(まるかね)の味付たまご
まるかねのオンラインショッピングでのご購入はこちら ★豆知識★
「自分で作る!」殻のむきやすいゆでたまごの作り方はこちら

画像

ゆでたまごレシピ

丸金(まるかね)のゆでたまご(味付たまご)を使った、
おいしいレシピをご紹介いたします!

この記事に対してみなさまから寄せられたお役立ち情報 (0件)

この記事についての、おすすめ情報や補足などありましたら、お気軽にコメントをお寄せください!

この記事に対してコメントする
この記事と同じカテゴリの記事一覧