~「農家の朝」古澤物語~

まるかねスタッフブログ「三丁目のたまご」

~「農家の朝」古澤物語~

2月15日"ナチュラルハウス各店長さん会議"に行ってきました。

丸金農場<茨城フルサワ養鶏場>「農家の朝」の卵を使った、
有精卵マヨネーズ販売促進に向けての"たまごの話"です。

たまごの特徴は、平飼い・有精卵です。
だけど・・・・もっと凄い特徴は、古澤さんです。
代表の高岡が身をもって経験したエピソードを、各店長さんに披露しました。

■エピソード その①
2006年、茨城県で鳥インフルエンザが猛威を振るいました。
100万羽以上の大養鶏農場も被害にあい、
養鶏農家では、鶏の殺処分が行われ火の海と化しました。
ところが、我が農場は鳥インフルエンザにかからなかった!!
どうしてかからなかったのかは、分かりません。
古澤さんは、長年餌の研究を重ね鶏の健康に傾注しています。
その結果、"鳥インフルエンザ"の感染を防いだ何かがあったのかもしれないと、大学の先生が話していたとのことです。

■エピソード その②
高岡と古澤さんが、ヨーロッパの農場に視察に行った時のこと。
農場を視察して、帰り際 古澤さんが高岡に

「この農場の鶏病気にかかってるよ」「日本人が来たあと鶏が病気にかかったと言われたらいけないから、言った方が良いよ」

まさか!鶏はみんな元気だし・・・なんで!!

ところが、実際に病気にかかっていたのです。
古澤さんは小さいころから、鶏が大好きで鶏一筋の人生。
鶏に触れた、経験と勘で分かったのです!

「まるで、鬼太郎の髪の毛センサーのようにピンと立ったのでしょう」

そんなこんなで、毎日 大好きな鶏と古澤さんは生活しています。

【お知らせ】
5月より、毎週たまごの日<農家の朝>の販売促進をナチュラルハウスさんで行います。
お近くの方は、是非お立ち寄りください。

株式会社ナチュラルハウス
オーガニックライフを提案するナチュラルハウス。
自然食品や自然化粧品等を取り扱っています。
公式HP:http://www.naturalhouse.co.jp/

by永遠の青年より

みなさまから寄せられたコメント お気軽にコメントをお寄せください!(コメント:(0件) 記事URL